よくあるご質問
その3前編 呼吸で自律神経を整えて健康に!ぬる湯の話

前回のその2 ぬる湯の効能 温泉と自律神経で健康増進
に引き続きな話です。

みなさん呼吸で健康増進と聞いたらどう思いますか?
あの、普段している呼吸?え?それがなに?ってなりますよね。

実は、その呼吸には偉大な効果があるのです!

それは呼吸の時に動く横隔膜が自律神経と密接に関わっていて、
健康増進として大切な役割をしてくれます。

呼吸に意識を向けて~~。

最後まで細くゆっくり吐いて~~。

深く大きくゆっくり吸って~~。

これを繰り返すとリラックスしてきますね!

それにより、自律神経(交感神経と副交感神経)の副交感神経が優位になってきて、

身体が弛緩する、血管の拡張、血流量が増える、神経がゆるむ、ぼーっとしてくる、眠くなる、
免疫が上がるなどの症状が現れます。(前回同様の内容です ^ ^)

それによりリフレッシュ効果が得られ、エネルギーが蓄えられ、活力がみなぎってきます。

このように、普段から、ゆっくりとした深い呼吸を意識するようにすると、

気持ちが落ち着いて、安定的になってきますし、
ストレス発散や、イライラの解消にも役立ちます。

逆にストレスフルになっているときは、大抵呼吸が浅く小さくなっていて横隔膜の動きがあまりないのです。
そんなとき急に深呼吸をしようとしても肺が動きにくく、あまり深い呼吸ができないと思います。

こんな時は意識的に深呼吸をしてみて下さい。
きっとリラックス感と共にエネルギーがあふれてきますよ。

続きは、【その3後編 呼吸で自律神経を整えて健康に!ぬる湯の話 】をご覧下さい。

参考:All About 呼吸を変えて自律神経の乱れを整える

daiyokujou-nantenno-yu.jpg


ホテル守田の空室案内

ご宿泊予定

ご宿泊日数

ご利用人数/1部屋
大人   名様
お子様
小学生   名様
幼児(食事・布団あり)  名様
幼児(食事あり)     名様
幼児(布団あり)     名様
幼児(食事・布団なし)  名様
部屋数/合計
 部屋